アレルギー性紫斑病

一般病理学によると、扁桃炎や食べ物によるアレルギー反応、その他様々な原因で血管に炎症が起こり、血管から血液がもれて皮下出血し、紫色の斑紋が出るとされている病気です。

発症部位は様々ですが、主に四肢(特に下肢)に紫色の斑紋がでます。

病名はいくつかあり、アレルギー性紫斑病と呼ばれるものは、小児に多く発症し、紫斑と共に腹痛、足の痛み、関節痛などの症状がでます。

  

一般に安静や投薬などの処置を施しますが、無痛ゆらし療法では紫斑病の根本原因を「内臓の不調」と「頸椎(首)の問題」と捉えています。

 

実際にお聞きすると、「吸引分娩をした」「小さい頃階段から落ちて顔を腫らした」「高いところから落ちて首を痛がっていた」などの話しが出てきます。

また、最近の子供の遊び方がゲーム等カラダを動かさないため体幹が鍛えられておらず、不良姿勢から頸椎にずれが生じる場合があり、その中を通っている神経の伝達がスムーズにいかず誤った指令がカラダに伝わることもあります。

 

このような根本原因を解消する事で早期の回復を目指します。